不労所得で経済的自由を手に入れろ!

☆FC2ブログ      ランキング参加中!

☆1日1クリックお願いします☆

プロフィール

ゆきまる

Author:ゆきまる
はじまめまして、ゆきまるです。
地方在住の自動車整備士です。
手動トラリピで経済的自由を目指しています。
家族3人、家持ちです。
ゆきまる(41)
嫁さん(39)
バニ(中1)
30歳に投資を始め、
手動トラリピ歴8年です。

カウンター

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2600位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
765位
サブジャンルランキングを見る>>
0 コメント

手動トラリピ トラップ幅

ゆきまるです。

今回はトラップ幅について考えていきます。

同じ資金で、できるだけ利益がでて、手間も少なくなる、

そんな最適解を、ゆきまるなりに答えます。

自動売買してくれるトラリピと違い、手動トラリピは

決済されるたびに自分でイフダン注文します。

手動トラリピしてる人のほとんどが会社員しながら運用してると思うので、

なるべく手間は減らしたいもの。

だけどトラリピより手動でやったほうが有利なら手動でやりたい。

矛盾しているが、少ない手間で有利にトレードする方法。

それでは色々な設定を試してきた、ゆきまるなりの最適解。

トラップ幅は広いほど楽だが安定しません。

狭いと安定するが、大変でやってられません。

ゆきまる的には影響が少なく、できるだけ広い

0.25円幅がちょうどいいと運用していたが、

注文のたび0.25は細かくてストレスです。

0.3円や、0.4円もやってみると、すごいストレス。

結論は0.2円幅。

0.25円幅より狭いが、実際運用すると、

注文回数は増えるが、区切りが良く、

0.2円で注文していた方が楽だった。

実際試していたが、0.1円幅と0.2円幅の利益の差は

ほぼありませんでした。

通貨ペアの設定が多く大変な人は少し不安定になるが、0.5円幅でも

本家トラリピよりメリットは多いと思います。

1円幅まで広げるほど手間を惜しむなら、潔く本家トラリピで運用

したほうがよいかと。

あとは、注文する取引単位でリスクを調整すればOK。

0.1円幅で1,000通貨でやってる人は、

0.2円幅で2,000通貨に。

結果はほぼ同じで楽になります(^^♪


今日も経済的自由への道を進んでゆく。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

非公開コメント